NeosVRの日本語Wiki


VRoidアバターをNeosVRへ持っていく

注意:UnityからFBX Exporterで出力したモデルは、そのままではNeosVRに読み込むと壊れます。VRMをBlenderで読み込み、変換したほうが無難でしょう。

VRoidでアバターをエクスポートする

マテリアル数を削減しておくと、後の設定が楽になります。

準備

Blenderをインストールする
Blender公式(ver2.91.0執筆時)
言語を日本語にするといいです。開いた時に表示されているBox, Camera, Lightは削除しておきましょう。
VRM Add-on for Blenderをインストールする
(旧名VRM_IMPORTER_for_Blender)
以下のリンクからダウンロードして、リンク内のインストール方法に従ってBlenderへのインストールを行って下さい。
VRM_Addon_for_Blender
Download Add-onからダウンロードして下さい。

Cats Blender Pluginをインストールする
次のページからダウンロードします。
Cats Blender Plugin
Download hereからダウンロードして下さい。


Blenderを開いて、左上の 編集>プリファレンス>アドオン>インストール
で先程ダンロードしたCats Blender PluginのZIPファイルを選択して、アドオンをインストールします。
上のタブのコミュニティを選択すると、Cats Blender Pluginが出てくるのでチェックを付けてこのウィンドウは閉じます。

VRMをBlenderにインポートする

Blender画面左上の"<"ボタンを押します。


出てきたメニューから、CATSタブを選択して、モデルのインポートを押します。


VRMファイルを選択して、インポートします。
暫く待つとモデルがインポートされます。
インポートすると、VRMがあるフォルダに画像フォルダが生成されます。

モデル修正

モデルがインポートできたら、CATSのメニューから"モデル修正"を押します。


少し待つと、画像がモデルに適応され、ボーンも最適化されます。

モデルをFBXで出力する

CATSのメニューから"モデルのエクスポート"を押します。


保存したいフォルダを開いて、FBXをエクスポートします。
(CATSからであれば、エクスポート時の設定は特に変更しなくても大丈夫です)

Neos VRへFBXをインポートする

アバター作成ページのモデルのインポートにある手順でFBXをインポートします。

調整する

マテリアルの設定
VRoidの場合、顔のマテリアルについてはBlendModeを"Cutout"にして、AlphaClipを0.5程度に調整します。

目の動きを調整する
VRoidアバターは標準では目の動きが大きすぎで白目になってしまうので、動きの大きさを調整します。
参照アバターの目の動きが大きい
リップシンクを調整する
VRoidアバターは、顔のメッシュのDirectVisemeDriverのRRにまばたきのシェープキーが自動で割り当てられてしまうので、
RRの右側のを押して、割当を外します。


リップシンクのシェイプキーをグラブして、DirectVisemeDriverのaa, E, ih, oh, ou の項目で離して設定しましょう。
参照リップシンクの設定

その他VRMについて

VRMファイルをglbに変えてインポート

ほとんどのvrmファイルは、拡張子をglbに変更するだけでインポート出来るが、
すべてのvrmでシェイプキーの名前が壊れる。
一部のvrmではシェイプキー自体が壊れる。
マテリアルを統合していないVRoidモデルや一部のモデルは、インポートするとメッシュが壊れる。
など、様々な問題が起こるため、Blenderで変換するなどしてFBXでインポートするほうが良い。

NeosVRにおけるVRMの直接の読み込みの実装について

これは計画中ですが、現在はオブジェクトID/ライセンスシステムの実装を待っています。 以前Discordで議論されたように、VRMの一部にはアバターの使用方法や配布方法に関するライセンス情報があります。現在のところ、その情報はインポート中に失われてしまい、問題になる可能性があるので、それまでは統合する予定はありません。
https://github.com/Frooxius/NeosPublic/issues/863 からの訳
(discord #wiki Melnusさんの投稿 2020/08/10)

つまり、VRMのライセンス情報をNeosVRで利用できるようになるシステム(オブジェクトIDやライセンスシステム)の実装後に対応する可能性があるようです。

Menu

アバター関連

VRM

Menu

当Wiki Twitter

定期イベント

交流や導入の目的として、イベントが定期的に開催されている。
詳しくは定期・不定期イベント参考。ほかにはカレンダーやDiscordをチェックしたり、#NeosVR で検索しよう。


毎週火曜 22:00~

数か月に一度

【メニュー2編集】

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!