NeosVRの日本語Wiki


フルボディトラッキング

仕様など

通常はヘッドマウントディスプレイ(HMD)と左右の手をあわせた3点トラッキングだが、
Viveトラッカーなどを利用することで、プラス8点の合計11点トラッキングに対応する。

追加でトラッキング出来る場所
・胸
・左右の肘
・腰
・左右の膝
・左右の足

HaritoraがNeosVRで動作することも確認されています。

フルトラの設定

基本的な手順
自分の身長をダッシュメニューの設定の左上に入力しておく。

ダッシュメニューのホームにある"フルボディ/アバターキャリブレーター"を選択します。


身長が正しく設定されていることを確認し、"トラッカーキャリブレーション開始"を押します。
(一度トラッカーキャリブレーションを行っておけば再度行う必要はなく、
他のアバターの調整を行う時に、"スッキプしてアバターを調整"を押せばよいです)


自分の立っている場所に、赤い半透明のガイドが出てくるので、これに自分の体を合わせてTポーズで立ちます。
特に、足の位置に気をつけましょう。Tポーズのまま左右のトリガーを引くと確定です。
 

適切に、トラッカーが認識されているか確認します。
大丈夫であれば、"アバターキャリブレーション"を選択します。


アバターキャリブレーションでは、自分の体に対するアバターのサイズや位置を調節できます。

まず身長補正のスライダーで体に対するアバターのサイズを調節します。

これだけでしっくりこない場合は、両足・腰のポイントをグラブして、それぞれの位置を微調整できます。
また、膝のポイントを動かすことで自分の体よりも内股orガニ股に調整することもできます。

調整が終わったらキャリブレーターを閉じるを押します。

フルボディ/アバターキャリブレーターで設定した情報はアバター書き込まれているので、忘れずにインベントリに保存しましょう。
この仕組みのおかげで、キャリブレーションを最初に1度行ってしまえば複数のアバターを着替えてもキャリブレーションしなおす必要がありません。

Tips

コツ

アバター全体のサイズ感がしっくりこない場合は自分の身長を2〜3cm低めにするなどして調整できます。

アバターと中の人の体格差によっては、「腕の長さ」or「脚の長さ」のどちらを優先するか考える必要があります。
スタイルの良いアバターは現実の人間より脚が長く作られているものが多いので、以下のどちらかの方法で調節できます。

「腕の長さ」を揃える場合
身長補正で自分の腕をまっすぐ伸ばしたときにアバターの腕がちょうど伸び切るように調整します。
その後、足のポイントを下に下げてアバターの脚が伸びるようにします。(つまり足が少し地面に埋まります)

「脚の長さ」を揃える場合
身長補正で直立したときにアバターの脚がちょうど伸び切るように調整します。
腕の長さは現実より短くなりますが妥協します。

トラッカーが認識されない場合

OculusなどでViveTrackerやHaritoraを使用する場合は、SteamVRを起動する必要があります。

SteamVRを起動した状態でNeosVRをライブラリからNeos Launcherで起動
一番上のDeviceがAuto DetectになっているのでSteam VRに変更して起動

情報元

Menu

アバター関連

VRM

Menu

当Wiki Twitter

定期イベント

交流や導入の目的として、イベントが定期的に開催されている。
詳しくは定期・不定期イベント参考。ほかにはカレンダーやDiscordをチェックしたり、#NeosVR で検索しよう。

毎週火曜 22:00〜

毎週水曜日 21:00〜

毎週金・土曜日 21:00〜26:00

毎週日曜日 21:00〜24:00

毎週日曜日 21:30〜22:00


【メニュー2編集】

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!