NeosVRの日本語Wiki



概要

NeosVRの利用例や雑学を扱う。

NeosVRのワールドをVRChatのワールドとしてexportする方法


NeosVRでは「ちょっぱやワールド」というイベントがよく行われています。大人数、短時間でワールドを完成させます。Neosならではの楽しみ方です。そこでできたワールドをVRChatで使えないかとtutinocoさんは考えて、実際にできるようにされました。その方法を紹介します。

制限として、マテリアルをそのまま持って行くことはできません。テクスチャベースになります。たとえば岩を描くツールがNeosにはありますが、それはVRChatに持って行くと単色のオブジェクトになります。



ワールドを作ると、たくさんのツールとか作りかけのゴミが紛れ込みます。そこで、逆にVRChatに持って行くオブジェクトだけを集めます。ここでは「Matome」というのがそれに相当します。本当であれば、この「Matome」を掴んで、PCにFBXでexportすれば使えそうですが、うまくいきません。

そこで、「Matome」の親を作り、そこに、Boxを入れます。このBoxはDevToolTipで新規作成してBoxを選んで作ります。このBoxの大きさは1m x 1m x 1mです。これをワールドの目立つところに置いておきます。これがVRChatに入ったときに1mの大きさになるように、スケールを100倍にします。さらにUnityで1mの箱を作って並べておけば、スケールの確認ができます。

もし必要であればbakeします。いろいろと方法はありますが、たとえばここではLogiXを使っています。Bake MeshesLogixTipでとりだして、ズのように配線します。左のSlotは「Matome - Parent」です。これで左のPulseをクリックすると、bakeできます。


そして、「Matome - Parent」を掴んで、PCにFBXとしてexportします。テクスチャは同時にFBXには入らないので、別に持って行きます。

VRChatではワールドを作る作業をして、このFBXファイルを取り出します。スケールを100倍にするとほぼ一致します。あちこちにテクスチャを張り込んでいきます。

コライダーはメッシュコライダーのコンポーネントを追加すればいいはずです。


エフェクトを作ってみよう


まずは後からエフェクトを選択できるように、DevToolTipでCreate NewからBoxなどを出しておく。
出したBoxのインスペクタをDevToolTipで開く。

Boxのインスペクタの右上にある☆を押して、パーティクル用のBoxの子を作る。



Attach Compoment から Rendering > ParticleSystem > ParticleSystem とRendering > ParticleSystem > ParticleStyle と Rendering > ParticleSystem > Emitters > 任意のEmitter を子に作る

次にStyleのNullの部分にParticleStyleをコントローラーのグリップで掴み、ドロップする。



最後にParticleSystemを掴んで、一番下近くにあるParticleSystemのnullの部分にドロップすれば準備完了!



あとは画像や数値などを入れてド派手なエフェクトを作ろう!

Menu

アバター関連

VRM

Menu

当Wiki Twitter

定期イベント

交流や導入の目的として、イベントが定期的に開催されている。
詳しくは定期・不定期イベント参考。ほかにはカレンダーやDiscordをチェックしたり、#NeosVR で検索しよう。

毎週火曜 22:00〜

毎週水曜日 21:00〜

毎週金・土曜日 21:00〜26:00

毎週日曜日 21:00〜24:00

毎週日曜日 21:30〜22:00


【メニュー2編集】

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!