NeosVRの日本語Wiki



カメラ

カメラを取り出す

ダッシュメニューのホームの右側にカメラボタンがあり、ローカルカメラを出すことができる。
インベントリから出せるカメラ(グローバルカメラ)はセッション内に複数あると負荷が高くなるのでローカルカメラを使おう。

カメラを出すと、カメラコントロールパネルが出てくる。


コントロールパネルをグラブしてずらすとその先にカメラが見える。
カメラはそのままだとグラブできないが、コントロールパネルの"マニュアル"をプライマリーアクションすると、グラブできるようになる。

カメラをグラブし、もう片方の手でレンズをグラブして回すとズームできる。

撮影する

カメラをグラブした状態でプライマリーアクションすると写真を撮影できる。
直接カメラ上部のシャッターボタンを押しても撮影できる。

撮影した写真は、カメラの下の部分に出てくるので。ワールド内の他のユーザーに見せたり、シェアすることができる。

写真の保存

・写真の保存場所
スクリーンショットはPCの「C:\Users\<ユーザー名>\Pictures」に保存されている。
SteamVRの場合、「C:\Program Files (x86)\Steam\userdata\[USER_ID]\760\remote\[GAME_ID]\screenshots」にも保存されている事がある。

・他のユーザーが撮影した写真
他のユーザーが撮った写真はグラブしてコンテキストメニューから"スクリーンショットとして保存"を選択すると、PC内にスクリーンショットとして簡単に保存できる。

カメラ背面の説明

カメラ背面のを押すと、設定バーの開閉ができる。
設定バーを閉じた状態で、下のスライドを操作するとズームできる。

・設定バー
それぞれのボタンを押すことで設定を変更できる。
解像度を1K,2K,4K,8Kから選択
撮影モードを選択。上から標準、3D、360度、レーザーが当たっているオブジェクト以外を透過
フイルターを選択
その他の設定。上から画角の錐体を表示、タイマー(10秒)、スクリーンスペースリフレクション、ライト、モニターを表示

カメラコントロールパネル



・下の段
デスクトップにミラーリングカメラの映像をデスクトップのNeosVRウィンドウに表示する、配信ソフトでキャプチャーする際に使用する。オンにすると、自分のネームプレート上にライブバッジが表示される
撮影写真を撮影する
360度撮影全天球写真を撮影する
ユーザーユーザー設定パネルを表示する(下記)

・中段
一人称視点
三人称視点
グループ周りの人も含めるように画角を決める
ワールド固定ワールドの座標に固定する
マニュアルカメラを直接グラブして操作する

・左上
障害物を避ける壁などで遮られないようにカメラが動く
ワールド空間をキープローカルスペースではなく、ワールドスペースに保持する
ゆらゆら動かすカメラがゆらゆら動く
頭の前方を狙う顔の向いている方向にカメラが若干向きを変える
カメラ非表示カメラのモデルを非表示にする
カメラ目線にするアバターのアイトラッキングが強制的にカメラ目線になる
バッジ非表示ネームプレートとバッジを隠す
レーザー非表示アバターの手から出るレーザーを隠す
画角の錐体を表示画角を示すガイドを表示する
Audio from camera viewpoint聞こえる音声をカメラ始点からにする
セルフタイマータイマー(10秒)
Liveバッジを表示デスクトップにミラーリングをオンにした時に、自分のネームプレート上にライブバッジを表示するかどうか
カメラアンカー配置現在カメラがある位置にカメラアンカーを作る

・プレビューモニター
カメラコントロールパネルの中央から右上にかけて、カメラの映像がモニター表示されている。
このモニターをレーザーでトリガーすることでカメラの向きを変えられる。

モニター右上のボタンからもカメラの位置を操作できる。


また、モニターの右側のを押すとさらに詳細な設定ができる。
  

プライベートUIを表示にチェックを入れると、ダッシュメニューなど通常は撮れないものを撮影できる。

カメラアンカー

カメラアンカーを使用すると、簡単にカメラの位置を変更できる。
配信や録画時に、事前に指定した位置にカメラを瞬時に移動する。


カメラコントロールパネルの"カメラアンカー配置"でカメラアンカーを出す。
カメラアンカーはグラブして位置を自由に動かせる。
複数のカメラアンカーを出しておき、カメラアンカーをレーザーでクリックすることで、その位置にカメラを動かす。

カメラコントロールパネルのパネル右側のを押して表示されるパネルからも、カメラアンカーの操作が可能。

・ユーザー設定パネル

(折りたたみ)


その他、配信時の機能などについては下記

音声配信

ダッシュメニューのホームにある"ストリームオーディオ"を使用して、現在使用しているマイクとは別に、オーディオディバイスや仮想デバイスからの音声をNeosVRのワールドへ配信できる。
ユーザーの音声はモノラルだが、ストリームオーディオではステレオで配信される。

使い方

ホームのストリームオーディオを押すと出て来る画面で、
オーディオデバイスを選択して、ビットレート(2.5kbps-500kbps)を設定する。
右下のストリーミング開始を押すと配信が開始される。

(自分のユーザー名)オーディオストリームのパネルから、音量、音声が立体的に聞こえるかどうか、自分にも聞こえるようにするかを設定できる。

オーディオストリームのパネルを閉じるか、ワールドから離れると配信は停止される。

動画配信

OBSなどの配信ソフトを使用し、YoutubeやTwitchなどへ配信できる。
デスクトップのNeosVRウィンドウをキャプチャして、配信する。

"カメラコントロール"の"デスクトップにミラーリング"をオンにすれば、カメラに写っている映像をデスクトップのNeosVR画面に表示できる。
(ここでは、配信ソフトの詳しい説明は行いません)

NeosVRでは、ダッシュメニューからデスクトップを表示できるので、そこから配信ソフトを操作できる。
デスクトップの操作

また、各配信サイト(YourtubeやTwitch)のURLを直接NeosVRの画面にペーストすれば、視聴画面が現れる。

OBS

代用的な配信ソフトにOBSがある。
公式サイト
NeosVRからOBSを操作する
OBSは通常通り、デスクトップから操作する方法があるが、NeosVRではOBSにWebSocketsプラグインを導入することで、NeosVR内からOBSの操作(配信・録画開始)が可能になる。
obs-websocket(github)からインストーラー(.exeファイル)をダウンロードし、インストールすればプラグインをOBSに導入できる。

OBSを起動して画面上側の ツール > WebSockets Server Settings でサーバーポートが4444になっていることを確認する。
(任意でパスワードを設定できる、承認を有効にするをチェックしてパズワードを入力する。)


NeosVRのカメラコントロールパネル右側のを押すとOBSへの接続画面が出る。
Websocket IPが"〜:4444"となっていることを確認する。(OBS側でパスワードを設定した場合はパスワードを入力する)

"接続"を押すとNeosVRとOBSが接続される。
現れたボタンでOBSを操作できる。

TopazChat

音声や動画をNeosVR内へ低遅延で配信できる。
TopazChat 2.0 Player
配布サイト
専用サーバーを通して、ライブ配信を超低遅延(1秒程度)でVRChatから視聴するためのプレイヤーです。

"NeosVRでの利用方法
本ページにあるzipのダウンロードは不要です。

1. お好みの動画配信ソフトを使用して、下記の設定で配信開始してください。
  • サーバー: rtmp://topaz.chat/live
  • ストリームキー: URLに使用できる任意の英数字
  • ビットレート: ビットレート: 映像2000kbps以下、音声320kbps以下

2. NeosVRのVideoPlayerで以下のURLを再生してください。
 rtsp://topaz.chat/live/<指定したストリームキー>

最短の遅延時間で再生するには、ひとつ上の段落の設定を使用するとよさそうです
TopazChat 2.0 Streamerでも同様に配信可能です。"
引用
TopazChat 2.0 Streamer
配布サイト
音声入力デバイスからの音声を超低遅延かつ高音質(AAC 320kbps)でNeosVRへライブ配信できる。

"NeosVRでの利用方法
1. TopazChat.exeを起動
2. 音声入力デバイスを選択(デフォルトでは既定の音声デバイスが選択されています)
3. 任意のストリームキーを入力。英数字などURLに使用できる文字列であればOKです。
4. 接続ボタンを押す
5. NeosVRのVideoPlayerに以下のURLを入力する
 rtsp://topaz.chat/live/<設定したストリームキー>"
引用

Twitchのコメントを見る

NeosVRの公式配信はTwitchによって行われている。
そのためTwitch向けの機能は充実している。

カメラコントロールパネルからライブのコメントを取得できる。
カメラコントロールパネル右側のを押し、チャンネル名を入力することでコメントが見られるようになる。

Tips

スクリーンショットのファイル形式

カメラで撮った写真は初期設定ではWebp形式で保存されている。
ダッシュメニューの設定で"元のスクリーンショット形式を維持する"のチェックを外せば、JPEG形式で保存される。

ジェスチャーで写真を取る

カメラを出さなくても、ハンドサインで写真を取る方法がある。
両手を前に出して手のひらを前に向ける、頭を中心にして手をハンドガンの形にして枠を作ると、フレームが出てくる。
フレームが出た状態で、右手のトリガーを押すと撮影できる。左手のトリガーで10秒のタイマーが起動する。
ジェスチャーの判定はシビアであり(暴発を防ぐため)、習得に数ヶ月かかったユーザーもいる。

カメラを見失ってしまった

ローカルカメラの場所を見失ってしまうことがあるかもしれない、そのときは簡単に手元に呼び戻す方法がある。
カメラコントロールパネルで"一人称視点"を押し、"マニュアル"を押すと、カメラは自分の頭の中に出てくる。
少し後ろに下がれば、手に持つことができる。

Menu

アバター関連

VRM

Menu

当Wiki Twitter

定期イベント

交流や導入の目的として、イベントが定期的に開催されている。
詳しくは定期・不定期イベント参考。ほかにはカレンダーやDiscordをチェックしたり、#NeosVR で検索しよう。

毎週火曜 22:00〜

毎週水曜日 21:00〜

毎週金・土曜日 21:00〜26:00

毎週日曜日 21:00〜24:00

毎週日曜日 21:30〜22:00


【メニュー2編集】

メンバーのみ編集できます

メンバー募集!